トイレ水漏れは放置厳禁【トイレ水漏れ修理を依頼する業者の探し方】

パーツの劣化を見極めよう

トイレ

パーツの交換をしよう

トイレトラブルはタンク内で起こるものと、便器から繋がる配管内で起こる場合があります。使用してから10年を過ぎてくると、タンクの中ではパッキンが劣化してきたり浮き玉やゴムフロートに亀裂が入り、トイレトラブルを引き起こします。パッキンの劣化からくる水漏れは、レバーを引いて水を流した後もタンクの中で水の滴る音がし続けます。そのまま放置しておくと水道代の負担も大きくなってしまいます。こんな時にはピストンバブルごと交換することで次の10年を安心して使用できるようになります。ゴム素材やプラスチックの素材でできたパーツは、劣化していくとタンクの中に水が溜まらなくなります。レバーを引いた後、水が溜まる時間が長すぎると感じた時には寿命が近づいてきているのかもしれません。また、タンク以外で起こるトイレトラブルで多いものに異物の詰まりによる水漏れがあります。誤って便器の中に異物を落としてしまい、慌ててタンクのレバーを引いてしまうと、便器に水が溜まりあふれ出してしまいます。このようなトイレトラブルは最初に止水栓を止めておきましょう。異物を配管に流して処理する際には、吸引カップを使用します。水圧により異物を押し流しますが、逆流して水が跳ね上がってしまうこともあるので注意が必要です。水圧で押し込んでも異物つまりが解消されない場合には、専用ワイヤーを利用して取り除きます。業者へ依頼するとさまざまな道具を使用して解決してくれるので、自分で無理をせずに業者へ任せた方が安心です。